購入時に気をつける事

ペットの餌

タイプと成分表を確認する

犬と同様、猫はペットとして多くの人に愛されています。しかし、生き物を飼うにはしつけはもちろん、キャットフード選びにも気をつけなくてはなりません。子猫のキャットフードを購入する時は、以下の点をチェックして選ぶようにしましょう。まず一つ目が、キャットフードの種類です。市販のキャットフードは総合栄養食、副食、間食の三つに分けられます。総合栄養食とは、猫に必要な栄養成分の基準が満たされているものです。副食とは、総合栄養食と一緒に与える事を前提に作られたキャットフードです。間食はごほうびとして飼い主がペットに与えるものです。子猫の時は胃袋が発達していないため、すぐにお腹がいっぱいになります。総合栄養食を与える事で、少しの量でもきちんと栄養を与える事ができます。キャットフードには総合栄養食、副食、間食の表記が義務づけられているので、購入する前に必ずチェックするようにしましょう。二つ目が、成分です。成猫、子猫を問わず、キャットフードには猫が食いつくように添加物が含まれている事が多いです。子猫の時は消化能力が低いので、無添加のものを選ぶようにしましょう。子猫の段階で最も必要とされる栄養は肉、魚などの動物性たんぱく質です。キャットフードの成分表をチェックし、動物性たんぱく質が左側に表示されているものを選ぶようにしてください。お腹を壊しやすい子猫には、消化しにくい穀物が含まれていないキャットフードがおすすめです。