葬儀のマナーやルール

犬と花

格式ばることはない

茨城で多頭飼いしていていずれかのペットを亡くした場合、ペット葬儀に残されたペットを連れて行くべきか迷うかもしれません。一緒に過ごしていたペットも、仲間の死に何かしら感じており、飼い主の悲しみにも敏感になっています。一区切り付く可能性があるので、一緒に連れて行くことが望ましいでしょう。しかし、連れて行く前に茨城のペット葬儀社に問い合わせると安心です。それから遺骨を持ち帰った場合、庭などに埋めることは望ましくありません。骨が土に還るまでは多くの時間を要します。もし飼い主がその土地を離れた後に骨が出てくると問題になる可能性があります。遺骨は茨城のペット霊園に納骨するのがベストです。反対に友人のペット葬儀に呼ばれた場合、人間の葬儀のように格式ばる必要はないものの、黒ベースなどの地味な服装を心がけたほうが無難です。特にお坊さんに来てもらう仏式のペット葬儀であれば、数珠も持ったほうが良いでしょう。また、お香典はお返しに気を揉ませてしまうため必要ないという考えが一般的です。何か持っていくのであれば、色の淡いお花かお供え用のおやつなどが良いでしょう。茨城のペット葬儀場では火葬前にお焼香をするところが多いですが、そのときの回数など、分からないことがあればスタッフに聞きます。ほとんどの斎場では宗派による作法などはありませんので、1回から3回を目安に行えば問題ないです。ペット葬儀が浸透してきて、今後呼ばれる機会が増えるかもしれませんが、マナーを気にするよりも慰める気持ちを持って伺うことが大切です。